MENU

Smart Facility Managerとは

AI が最適な空調稼働を自動制御し、空調電力使用量を約30% 削減。

設備稼働状況の見える化で、運用マネジメントを強化し、統計的な品質管理手法による分析で運用の「ムダ」「ムラ」を無くします。

データセンターなどのサーバールーム運用における課題を解決

増大する電力量

トラフィックの急増に対応すべく高スペック化するIT機器によって、サーバルームの空調電力量が増加。

空調AI自動制御

AIで最適な空調稼働を24/365自動で制御し、エネルギーコストを約30%削減。
IT機器やラック増設などの環境変化にも自動で対応。

問題発生時の根本原因特定

設備に問題が発生した際にデータを時系列で把握できないため根本原因の特定に時間が掛かってしまう。

稼働状況可視化

多岐に渡る設備機器の状況を横断的に時系列で把握できるため、根本原因を容易に特定することが可能。

人材不足

長年の経験と豊富な知識が必要なため、なり手が少なく、後継者へ引き継ぐのも難しい。
外注すると余計なコストが掛かってしまう。

業務の標準化

データを指標に属人化業務を標準化することで、専門的な人材でなくても効率的な業務が可能になり、人材不足を解消。

運用業務の効率化

担当者の経験と勘に支えられた運用業務のため、効率化することが困難。

データ分析

ラック温度、ラック温度バラつき、空調稼働割合、空調冷房能力など、運用状況をグラフ化。それをもとにエンジニアが分析を行い、さらなる省エネと運用業務効率化を実現。